no

金利条件

自動車ローンを組むための、最も大切なポイントは金利ではないでしょうか?当然のことですが、金利が高ければ高いほど総返済額も増えてしまいます。毎月の返済額も大きいので、ローンの返済は厳しくなってしまいます。

今では、銀行などの金融機関やノンバンク系の消費者金融などから自動車ローンを借りることができますが、金利について最もメリットがあるのは銀行です。貸し出すだけでなく預金業務も取り扱っていますので、最も経営基盤が固く、安心して利用することができます。ただし、金利には幅がありますので、その銀行の上限金利を適用される可能性が高いです。

とはいえ、自動車購入という目的別のローンですので、2~3%で借り入れることができます。銀行の次に金利の条件が良いのは、銀行系のローンまたは信販系のローンではないでしょうか?

銀行系というのは、銀行の傘下にあるような会社のことです。バックに銀行がついていますので、こちらも安心して利用できると思います。ただし、金利は銀行に比べますと高めの場合が多いです。

より良い条件の銀行を見つけるためには、インターネットなどの比較サイトを利用されるとよろしいと思います。最も条件が良く、ご自身に見合った銀行が見つかるはずです。少し話しはそれますが、銀行へ預金をしても雀の涙ほどの金利しかないのに、貸し出し金利がかなり高いことには、呆れてしまいます。預金の金利がもっと高ければ、貯蓄をすることで、車の頭金くらいは稼げると思ってしまいます。

審査条件

自動車ローンを利用するためには、審査を受けなければなりません。収入や安定的な職業についているか、他のローンなどはないか?などを調べられるのです。当然、安定的な収入がなければ借入をすることができないです。

審査の条件は、各金融機関やノンバンクなどにより異なります。基本的には自動車ローンは目的別のローンですので、金利は安いのですが、審査の基準は自ずと高くなります。ですから、まずは銀行にお願いをし、ダメならば消費者金融系、そして最終的にはフリーローン(使途を問わないローン)を利用されるとよろしいと思います。

審査の際に、以外と重視されるポイントは勤続年数です。仕事を転々としているような方は、安定的な収入がないと見なされてしまうのです。また、信用情報機関に事故情報がないか否かもしっかり審査されます。これは自動車ローンを組む前に、どんなローンを利用して、返済状態がどのようになっているかなどを調べるのです。

すべてのローン会社はこの信用情報機関の情報を閲覧することができますので、ローンが多い方や返済遅延を起こしていたような方は借入をすることはできません。そんな際には、ブラックでも借りられると謳っているヤミ金を利用することを考えてしまう人も多いと思いますが、簡単に借り入れができる分、法外な金利を課せられてしまい、借金地獄に陥ってしまうこともあります。ですから、あらゆる金融機関の審査に通らなかったような場合でも、ヤミ金だけには手を出すことはやめましょう。

返済方法

自動車ローンの返済方法は、多岐に渡っています。元利均等で毎月返済する方法や、ボーナスを併用して返済する方法、そして変動金利型の場合があります。元利を均等で返済する場合には、元本が多い際には、利息分が多いので、返済額も多いのですが、毎月確実に元本を減らすことができますので、毎月の返済額は確実に減っていきます。

一方で毎月の支払額を一定額にした場合には、最初のうちは金利分のみ負担して、なかなか元本が減らないために、総返済額は多くなってしまいます。ただ、毎月の返済額が決まっていますので、管理はしやすいと思います。以上のような返済方法があるのですが、返済は毎月決められた日に1回返済をすることになります。

しかし、お金に少しでも余裕がある場合には、繰り上げ返済をするようにしましょう。決められた日以外に返済をすれば、元本に充てられることが多く、金利負担分も減ります。繰り上げ返済は、変動金利型の自動車ローンを利用されている方が、金利の上昇局面になった際に、利用しますと有効です。

また、返済は必ずしなければなりません。うっかり指定口座のお金がなく、引き落としができないような場合でも、1日でも返済が滞れば、信用情報にキズがつくことになります。そうしますと、信用のない人だとみられてしまい、以降に例えば住宅ローンなどを利用しようとしても、審査に通らないこともあるのです。

借金はしっかり返済すること、そして早く返済できるときには、積極的に繰り上げ返済をすることを心掛けてください。

業者の信頼性

自動車ローンを利用する際には、信頼のおける業者選びをすることも大切です。業者はお金を貸すわけですから、しっかりと返済してもらわなければ困ってしまうことになります。ですから、しっかり審査をするわけですが、審査もロクにしないような業者は悪徳業者である場合もあります。

そしてブラックの人でも融資可能といった場合には注意が必要です。また、必要以上に融資をするような業者は避けた方が良いです。たくさん貸せば、金利分の儲けが増えるわけです。

ですから、自動車ローンを組む際には、必要最小限のお金を借りるようにしましょう。そして、利用後の返済条件や返済期間、金利の条件などをしっかり記載された契約書で取り交わしをしましょう。契約書や約款などがない場合には、想定していた返済額とは異なり、トラブルになることになってしまいます。

最も信頼できる金融機関は銀行です。審査などに時間がかかることがネックですが、車を購入されるかなり前から、自動車ローンの申し込みをしていれば、低金利でお金を借りることもできます。また労金やJAなどでもお金を借りることができますので、さまざまな条件で、より良い業者選びをするようにしましょう。

キャッシングなどでお金を借り入れることも可能ですが、金利がとても高いです。自動車ローンは目的別(利用使途が決まっている)ローンですので、金利は安いのです。利用使途の限られていないキャッシングなどを利用しますと、15%~18%の金利が課されますので、ぜひ、信頼のおける自動車ローン会社を選ぶようにしましょう。

自動車ローンシミュレーション

自動車ローンを利用する前に、返済のシミュレーションをするとよろしいと思います。金融機関により自動車ローンの貸付条件はことなりますが、ある一定の条件をインターネットのシミュレーション画面に入力すれば、返済額などを理解することができます。

具体的に入力する項目は、まず借り入れる金額です。これがベースとなりますので、少し高めの金額にしておくとよろしいと思います。そして返済期間をどの程度にするのかを入力します。

早急に返済したいと思う方が多いのですが、少々長期に渡って返済する条件としてください。また、ボーナスでの返済をされる方は、ボーナスの返済月とボーナスでの返済額を入力します。そして、適用金利の入力です。金利も総返済額に大きな影響を及ぼしますので、高めの設定にしましょう。

返済方法です。元利均等か元金均等などを選びます。そした最後に返済開始月を入力すれば、元金と利息のそれぞれを合わせた毎月の返済額が理解できるのです。自動車は決して安いものではありませんので、毎月の生活に支障を来さないような返済にしなければなりません。特に、自動車が趣味のような方は、高額な車に乗るでしょうし、オプション製品なども購入されると思います。

そして、運転が好きだと思うので、頻繁に車を利用すると思います。燃費などもとてもかかりますので、車の維持費なども検討した上で、自動車ローンを組まれるとよろしいと思います。

住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行のMR.自動車ローン

低金利のネットバンク。もちろん全国OK

メシオプレス03
メシオプレス03
レスポンシブWEBデザインやめました。

アドセンス&スマホに完全対応したWordPressテンプレートです。01の進化版です。

メシオプレス01
メシオプレス01
衝撃のデビュー作

アフィリエイトブログ用のWordPressテンプレートです。シンプルで使いやすさ抜群。