no

自動車購入ローン

自動車は、新車であれ中古車であれ、購入費はかなりの費用がかかります。一般的に自動車ローンと呼ばれるものは、新車購入時に利用するものです。

自動車を購入する場合には、現在乗っている車を売却する必要がありますが、例えばディーラーでの分割払いにしているような場合には、車の所有権がご自身ではなく、信販会社などになりますので、手続がとても面倒になります。

ローンを組めば、必ず金利を負担しなければなりません。ですから、自動車ローンを組む際には、頭金をしっかり用意することが大切です。そのためには、今乗っている車をいかに高く売却して、頭金を確保することが大切なことです。また、できればローンを組むことなく、ご自身の預貯金などで一括で購入するようにできれば、より良いと思います。

車が趣味のような人は、日々の生活費を惜しんでも、車にお金をかける場合が多いです。改造やオプション製品などを取り付ける人が多いのです。ですから、経済的にかなりの余裕がないような方は、ローンを組まざるを得ないのです。

自動車は、生活に欠かせないという観点から、総量規制という年収の3分の1以上は借入ができないという縛りは基本的にはありません。(借り入れる金融機関により異なりますが)年収の半分程度なら借入れられると思うのです。

しかし、たくさん借り入れることができるからといい、借りすぎますと、返済に追われて、厳しい生活を強いられることになります。車が欲しいのは分かりますが、無理なローンは組まないようにしましょう。

車検ローン

自動車は安全性を保つために、新車で購入しましたら、初回は3年後、そしてその後は2年に一回は車検を受けなくてはなりません。費用が安ければ良いのですが、法定の費用だけでも相当な費用がかかりますし、車検の作業量もかなりの料金がかかります。

車検を受けるためには、購入したディーラーにお願いする方法や車検専門の業者に頼む方法、そしてお近くの整備工場などで車検を受ける方法などがあります。しかし、最も信頼できるのは、ディーラーだと思います。車の販売もしているので、対象となる車の知識も豊富だと思います。

車によりますが、車検費用は10万円程度はかかってしまいます。そして、長く車に乗っていればいるほど、交換部品が必要になることもあります。消耗品も多いのです。私の車はSUVです。先日4回目の車検を通しましたが、約20万円もかかりました。なんとか現金で支払うことができたのですが、もしお金がなく車検を通すことができなければ、どんなことになってしまうのでしょうか?

まずは、6ヶ月以下の懲役や30万円以上の罰金を支払う必要があるのです。もちろん、公道を走ることはできません。そこで、ローンで分割払いにするのですが、大手の車用品店などでも、ローン金利は18%程度です。決して安い金利ではないですね。

しかし、通勤や日々の買い物などで車がどうしても必要な場合には、車検切れだからといい、車を利用しないわけにはいかないです。カードローンの低金利の場合には、銀行などで借り入れるよりもすぐに審査を済ませて入金をしてもらえることがあります。

修理ローンや自動車学校ローン

車を維持するためには、修理が必要なこともありますし、そもそも、自動車の免許を取得するための費用が数十万円かかります。修理については、民間の保険を十分にかけていれば良いのですが、毎月の保険料の負担が厳しいために、十分な保険をかけていない場合もあります。どのような条件であっても、車の損害があれば、修理をしなくてはなりません。

そのために、修理をするローンを借りることもできるのです。あくまでも保険ではなく、ローンで賄おうとするのです。修理にかかる費用は、状況によってさまざまだと思いますが、酷い損害の場合には、かなりの費用がかかってしまいます。車をもとの状態に戻すためには、かなりの費用がかかりますので、修理ローンを組んでいても、完全に負担してもらえることは少ないと思います。

ですから、修理ローンなどを組むよりも、事故がなければ損だと思うので、保険に加入するのもひとつの手です。そして、車に乗ろうと免許を取得する際には、20万円~30万円の費用がかかります。すぐに取得できるような状態であれば良いのですが、何度も繰り返し、受験をしなければならないような場合には、かなりの費用がかかります。

そのような際にも、自動車ローンを利用すれば、費用を賄うこともできるのです。もちろん、しっかり勉強して、すぐに自動車免許を取得できれば良いのですが、必ずしもそんな人ばかりではありません。長く教習所に通わなければならないような人は、自動車ローンを利用することもよろしいと思います。

残価設定型ローン

残価設定型ローンといい、新車で購入した車の最初の車検の際の買取価格を考慮して、月々の支払いを少なくするような支払い方もあります。当然、一定期間乗った後の残価が計算されているわけですから、毎月の返済も安くなります。車がなかなか売れない現状では、消費者に見合った支払方法であるともいえます。

しかし、あらかじめ売却の価格を差し引いて、新車購入費用を支払うので、買い替えの際には、車を売却して、下取りを得ることはできないことになります。この方法で車を購入した場合には、新車に買い替える方法と、車を返却するという方法、そして、車を買い取る方法があります。

いずれにしても、車の残価分はご自身の負担になるわけですから、新車を購入して、毎月の費用は少ないという反面、残価がしっかり保証されていなければなりません。残価は車の人気の影響も受けますし、走行距離などの基準もありますので、必ずしも保証額を得られるわけではないのです。

特に人気のないメーカーで残価設定型の支払い方法をしますと、売却時に想定通りの買取価格にならなければ、ご自身で負担をする必要もあります。ですから、寝落ちのしないような車を残価設定型で購入することが必要なのです。

そして、この仕組みは同じメーカーでしか適用されませんので、ずっと同じメーカーから購入しなければならないことになってしまいます。もし、他のメーカーからの購入を考えますと、その際に今乗っている車の人気がなければ、買い替え時にかなりの負担をしなければなりません。

住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行のMR.自動車ローン

低金利のネットバンク。もちろん全国OK

メシオプレス03
メシオプレス03
レスポンシブWEBデザインやめました。

アドセンス&スマホに完全対応したWordPressテンプレートです。01の進化版です。

メシオプレス01
メシオプレス01
衝撃のデビュー作

アフィリエイトブログ用のWordPressテンプレートです。シンプルで使いやすさ抜群。