no
Pocket

銀行ローン

自動車ローンはさまざまな金融機関が提供しているサービスですが、最も一般的な銀行からの借り入れについて以下に説明します。

銀行で自動車ローンを利用する最も大きなメリットは金利が安いことです。販売店などの金利に比べますとかなり安く借りられますし、金利を優遇してくれるキャンペーンなどもあります。

そして、マイカーローンを借りた銀行とは取引実績が残りますので、返済遅延などの事故を起こさなければ、優良顧客として、住宅ローンなどの借入の際にもメリットを享受することができます。

信販系のローンでは、車の名義人が信販系の会社になりますが、銀行の場合には、ご自身の名義になりますので、買い替えなどが容易にできます。しかし金利が安い反面、借入の条件は厳しく、誰でも希望額を借りられるわけではありません。そして、審査に時間がかかる場合が多いので、車を購入するかなり前に申込みをしなければなりません。

融資を受ける場合には、銀行の店舗に足を運ぶ必要があります。また、銀行の場合には、保証料や手数料も発生します。ですから、実質の年率と諸費用を含めて、有利な条件なのか否かを見極める必要があります。銀行から融資を受けるのは、最も安心できると思います。銀行ならではの信頼感があるからです。

手続きなどは面倒ですが、金利を考えますと、少々の労力を考えても、銀行から借入れることが最もよろしいのではないかと思います。

労金やJA

労金は労働金庫の略で、労働組合や生活協同組合などの組合員が利用できる金融機関で、自動車ローンの取り扱いもしています。地域ごとに借入条件などは異なりますが、固定金利であることが特徴で、低金利である場合がほとんどです。他のローンからの借り換えもできますので、高金利の自動車ローンを返済している方は、借り換えが可能か否かを調べること検討されるとよろしいと思います。

一般的には、労金と取引のある会社の組合員が利用できるものですが、組合員でなくとも、安定した収入があれば、利用できることもあります。その際には、保証料などが必要になることもあります。

ただし、銀行と同様、手続が面倒で審査に時間を要します。一方、JAも自動車ローンを提供しており、低金利でさまざまな好条件があります。非営利団体なので、低金利での借り入れが期待できるのです。新車や中古車の購入時はもちろん、バイク購入や車検、カー用品、そして運転免許の取得費用などさまざまな資金用途に応じて融資をしてくれます。

融資金額の上限は500万円で、7年間の返済になります。そして、借入の条件も、前年度の収入が200万円以上で、勤続年数が1年で利用ができることも、多くの方が利用する理由ではないでしょうか?

JAは農業協同組合ですので、基本的には農業に従事する人のための金融機関ですが、組合員でなくとも、利用できることができます。しかし、組合員に比べますと金利などの条件が異なる場合がありますので、事前に確認をするようにしましょう。

信販系ローン

以前は、自動車購入時に販売店で勧められる自動車ローンの組み方は信販系のものが多い場合が多かったです。しかし、今ではさまざまな金融機関が自動車ローンサービスを提供していますので、ディーラーで簡単に手続をするのではなく、インターネットなどでより有利な条件の金融機関の自動車ローンを探すとよろしいと思います。

仮に信販系の自動車ローンを組む場合でも、ディーラー経由で借りますと、販売店が手数料を取ることになります。しかし、直接審判会社と契約をすれば、手数料がかかることもありませんし、ディーラーと契約している信販系の会社は限られていますので、ご自身のお好きな信販会社を選ぶことができます。

借入の条件や審査基準はクリアできることが多いのですが、金利は銀行などよりも高い場合が多いです。手続は来店する必要がなく、インターネットで借り入れができますので、手軽で、審査の時間も短いので、多忙な方にとっては有効な方法だと思います。

そして、信販系のローンはクレジットに分類されえますので、完済をするまでは、車の所有権が信販会社になります。ですからローン返済中に車の乗り換えなどをする場合には、手続が面倒になるというデメリットもあります。

借りやすいからと言って、すぐに信販系にするのは避けた方がよろしいと思います。時間がかかっても、金利が安い銀行からの借り入れにすることが最も良い方法だと思います。信販系の会社は大手の会社も多いので、信頼できるとは思うのですが、金利や所有権の問題がネックになります。

フリーローン

自動車ローンは、自動車にかかわる費用を融資してもらう目的別ローンですが、使途を問わずに借り入れができるフリーローンという商品もあります。

自動車ローンは目的別のローンですので、車関係以外でお金を利用することはできません。また、信販系などの会社では、車を購入しても、完済するまでは車の所有権が信販系の会社になりますので、完済をしなければ、ご自身の車にはならず、勝手に売却するようなことはできません。

自動車ローンは低金利に設定されているのですが、フリーローンの場合には、金利が高いことがネックになります。しかし、用途は自由ですし、好きな時に借入ができて返済も毎月の返済とともに、少しでもお金に余裕があるような場合には繰り上げ返済もできますので、特になる場合もあります。

従来はディーラーで自動車ローンを組むのが一般的でした。手続もディーラーで対応してくれますので、便利だったのですが、金利が高く、ディーラーが手数料などをとるためにそんなに有利ではなかったと思います。今では銀行をはじめ多くの方が金融機関などで借り入れを受けることが多くなりましたが、用意する書類が多かったり、審査に1週間以上かかるなど、面倒なことも多いです。

金利は2~3%の場合が多いので、低金利で利用することができます。一方でフリーローンの場合には、申込みはインターネットから対応することが可能で、100万円以下の利用ならば、収入証明などを要しないという場合もあります。また、最も低金利の場合には、3.5%程度で利用できる場合もありますので、必ずしも、銀行などのサービスと比べて、引けを取ることはないと思います。

ヤミ金

自動車ローンを利用しようとしても、どの金融機関からも融資を受けられないような人で、車が大好きな方は、なんとか車の購入資金を得ようと思い、ヤミ金からお金を借りてしまうようになってしまうこともあると思います。

いくら、車が大好きでも、決してヤミ金などからお金を借りることはやめなければなりません。課せられる金利がとんでもないのです。法定の金利では18%が上限となっていますが(少額の場合には20%、高額の場合には15%)、そんなことは全く関係なく、とんでもない金利を課すのです。

100%以上の金利を課す場合もありますので、注意が必要です。ヤミ金からお金を借りますと、毎月の返済額は大きいですし、元本に対して金利が課せられますので、毎月の返済も金利分のみで、全く元本がへらずに、一生金利分だけを負担しなければならないような状態にもなってしまうのです。

そして、まだ、金利分だけでもしっかり返済できれば良いのですが、金利分も負担できなくなりますと、違約金としてより以上の高金利になる場合もありますし、よくテレビで見る取り立ての怖いお兄さんが表れるようになります。お金を返してもらえばそれでよいので、手段を選ばずに、自宅に取り立てにやってくることはもちろん、会社にまで取り立てにくる場合もあるのです。

車は大事なものです。車好きな方は、日々の生活費を切り詰めてまで、車にお金をかける人も多いようです。しかし、車の購入資金をヤミ金などで借りるなど以ての外です。人生を棒に振ってしまう可能性もあるのです。

住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行のMR.自動車ローン

低金利のネットバンク。もちろん全国OK