no

家計を考える

車を保有しようとする場合には、一括で支払ってしまう場合と、自動車ローンを組んで、毎月返済するケースがあります。車が好きだから、他の生活費を削っても、車に乗りたいと思う人も多いと思うのですが、日々の生活に支障をきたすような、自動車ローンを組むことは決して推奨できるものではありません。

若い人ならば、扶養家族もないので、問題はないと思うのですが、家族がいる場合には、教育費、住宅ローンなども抱えている場合もあります。ですから、無理な返済になってしまうような自動車ローンの利用は避けるべきだと思います。

いくら車が好きでも、ご家族の方が大切ではないですか?車を選ぶ際には、身の丈にあった車を購入することが大切なことではないでしょうか?

私の知り合いで、収入はそんなにないのですが、高級車を購入して返済している人もいます。ローンの支払は大変ではないかと聞いてみると、自動車ローンの支払いだけで、とても大変な思いをしており、他の生活費を抑えているとのことでした。

どう思いますか?車が好きでも、日々の生活に悪影響を与えるような自動車ローンは、考え方が間違っていると思います。自己満足で、家族の迷惑をかけていることもあると思います。

そして、車のマニアの方は、オプション製品にもこだわり、改造をするようなこともあると思います。収入もしっかりないのに、車にお金を費やすことは決して良い選択ではないです。まずは、家族のため、日々の生活が困らないようにするためにするような車の購入方法を考えましょう。

自動車の維持費

自動車を維持するためには、かなりの費用がかかります。購入する際には、自動車税や自動車重量税などの税金がかかりますし、強制保険として自賠責保険に加入しなければなりません。自賠責保険は、最低限の保証しか得られませんので、民間の対人対物保険に加入する必要もあります。

そして、一定期間を過ぎますと、車検という安全を保証する点検が必要になります。かなりの費用がかかるのです。そ車検は車の安全性をしっかり見極めるものですので、必ず受けなければなりません。あとは、ご自宅に車庫のない方は、駐車場代を支払わなければなりません。

駐車場代は意外と高く、都心部では月に5万円以上もかかる場合があります。また、車を利用すればするほど、ガソリンを消費しますので、ガソリン代もかかることになります。以上が自動車を維持するために費用です。

ガソリン代は、原油の高騰もあり、かなりの負担になると思います。車好きな方は、ガソリン代だけで、すぐに数万円利用するということになってしまいます。ですから、車へのこだわりがある人を除き、できればハイブリッド車などを利用して、燃費を抑えることが必要です。

そして、車をそんなに利用しない人は、放っておいても税金などの維持費はかかってしまいますので、車が必要な都度レンタカーを借りることやカーシェアリングを利用することをおススメします。公共交通機関が発達しているところでは、あえて車を持っていなくとも生活は十分にできると思うのです。

自動車ローンとは

自動車は高い買い物です。できればご自身の貯蓄などで一括購入したいものですが、なかなかそうもいかないのが現実です。そこで、自動車の購入資金として、自動車ローンを利用する人が多いのです。

自動車ローンはさまざまな金融機関から借入れをすることができます。金融機関によりマイカーローンやオートローンなどと言われています。従来は、自動車を購入する際に自動車販売業者が信販系の会社のローンを組むようにするパターンが一般的でした。しかし、信販系でローンを組んだ場合には、車の所有者は信販系の会社にあり、ご自身の車ではないことがデメリットで、車の買い替えなどをしようとしても残債が残っているような場合には、全額返済をしなければなりませんでした。

しかし、今では、銀行はもちろんJAなどが自動車ローンのサービスを提供しています。そして自動車ローンの特徴は、自動車を購入するという目的が決まっているローンですので、一般的なローンに比べますと、金利がとても安いことです。そして、自動車ローンといえども、借り入れる際には、しっかりと審査を受けることになります。

他のローンが多い場合や、過去に返済遅延などの問題を起こしているような人は借り入れることができません。そして、より金利の安い金融機関からお金を借りたいと思われると思いますが、良い条件の場合の審査に通ることは容易ではありません。ですから、事前に最も良いと思われる業者をインターネットなどで調べておく必要があります。

お金を借りるということ

自動車ローンを利用するということは、借金を抱えるということです。毎月の返済なので、そんなに負担はかからないと思う方もいると思いますが、借金は計画的にしっかり返済しなければなりません。返済が滞るようなことがありますと、信用情報機関という借入に関する情報機関に事故情報として履歴が残ってしまいます。

この、事故情報がありますと、いずれ必要なローンを組む際に、審査に通らない場合もあるのです。公共料金ならば、数か月の滞納があっても問題ないのですが、借金はしっかり返済しなければ、信用を失ってしまうのです。

お金を借りる際には、必ず金融機関などは信用情報を調べるのです。返済遅延などの事故情報がありますと、返済する能力がないと見なされて、融資をしてもらえなくなって曖昧です。ですから、自動車ローンを組みましたら、毎月返済することは、とても大切なことなのです。

日々の生活費に窮して、返済ができなくなったとしても、返済を続けなければならないのです。ですから、自動車ローン(借金をすること)に対しては、それなりの覚悟が必要です。お金を借りるということはそのくらい重要なことなのです。

自動車ローンは目的が自動車購入と決まっていますので、他の金利よりも安く設定されている場合が多いです。しかしながら、負担する金利は安いものではありません。できれば、貯蓄をしておいて、一括で購入できるようにすることが最も良い方法です。

自動車の必要性

自動車は、日々欠かせない人と、趣味のために利用する人がいると思います。日々欠かせないような人は、郊外に住んでいて、通勤やショッピングなど、毎日利用せざるを得ない人のことです。

趣味の利用の場合には、休日にドライブをしたりするような場合です。都心に住んでいる方にとっては、自動車の維持費がとても高く大変です。駐車場を借りるだけでも、毎月5万円以上もかかってしまうのです。経済的な余裕があれば、全く問題はないのですが、平日には利用せず、休日に利用するだけならば、車の維持費という意味で車を保有する必要はないと思います。維持費には税金もかかりますし、保険料なども負担しなければなりません。

ですから、自動車の利用頻度や費用などをしっかり考えて、保有するようにしましょう。最近では、車を利用する意義が薄れているのか、若い人は自動車免許を取得しない人もいるようです。

ただ、車はとても快適な移動手段を与えてくれるものです。ですから、最も良い利用方法は、車を常に利用しない方は、車が必要な時にレンタカーとして利用したり、今、話題のカーシェアリングを利用することがよろしいと思います。

車が活かせる地域(郊外や過疎地域など)では、車は欠かせないものですが、都心で公共交通機関がしっかり整備されている方は、車のマニアでない限り、保有することは避けた方が良いと思います。かなりの維持費がかかってしまうのですから。

住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行のMR.自動車ローン

低金利のネットバンク。もちろん全国OK

メシオプレス03
メシオプレス03
レスポンシブWEBデザインやめました。

アドセンス&スマホに完全対応したWordPressテンプレートです。01の進化版です。

メシオプレス01
メシオプレス01
衝撃のデビュー作

アフィリエイトブログ用のWordPressテンプレートです。シンプルで使いやすさ抜群。