no

ノロウィルスとは

12月から2月に入ると、「ノロウイルスの感染者などが出た」というニュースを、耳にする様になりますよね。ニュースなどを見ていると、死に至ることもある、怖いウイルスということは分かっていても、どういったものか分からないという方も多いと思います。

では、ノロウイルスとは、一体どういったものなのでしょうか。このノロウイルスは、「おなかの風邪」などとも言われているウイルス性の症状。2002年に、国際ウイルス命名委員会において制定された名称となっています。実は、このノロウイルスは、人工的に増殖させることは出来ません。そのため、治療方法や検査などの研究が、まだ他のウイルスと比べると、遅れているという現状があります。有効なワクチンがまだ出来ていないというのは、こういった理由から。しかし、小腸だけで繁殖するというのは分かっています。そのため、「おなかの風邪」と呼ばれているということ。

このように、ノロウイルスに感染してしまった場合には、まだ効果の高い治療方法が見つかっていないということになります。ということは、ノロウイルスに感染しない様に、一人一人が、予防や対策を行い、少しでもノロウイルスにかからない様に注意することが大切ということになります。ノロウイルスに感染してしまうと、周りの方に感染させてしまう可能性もありますから、普段から注意をして、感染しない様に心がけることが大切といえるでしょう。飲食店に勤めている方、集団生活している方は、特に注意するようにしましょう。

どの様にうつるか

「ノロウイルスには、気をつけよう」と思っている方も多いと思います。ノロウイルスに感染してしまえば、仕事などにも支障を来すことになりますから、出来るだけ感染したくはないですよね。しかし、ノロウイルスはどの様に感染するか分からないという方も多いと思います。気をつけるにも、どういったことから感染するのか分からなければ、注意も出来ませんよね。

では、ノロウイルスがどの様にうつるのか、ご紹介しましょう。まずは、食中毒として感染することがあります。牡蠣、シジミ、アサリなどの2枚貝を、生の状態で食したり、半生の状態で食した場合には、食品により経口感染する可能性があります。牡蠣などは、しっかりと火を通すことで心配はありませんので、なるべく火を通した状態で食する様にしましょう。また、伝染性の胃腸炎として感染するケースもあります。これは、ノロウイルスに感染した方が、嘔吐をしたり、排泄をした際、処理を行った時に経口感染すると考えられます。集団生活をしている場合には、この伝染性胃腸炎として感染するケースが多くなり、集団感染へとつながることになります。

ノロウイルスは、通常の風邪やインフルエンザの様に、咳やくしゃみでは感染しません。あくまでも、経口感染となりますので、あらかじめ頭に入れて置きましょう。万が一、周りの方が感染した場合には、嘔吐物や汚物などの処理の際、十分気をつけて、処理を行う必要があるということになります。

症状

「ノロウイルスには感染したくない」と思っている方が多いと思います。ノロウイルスは、症状は軽いものとはいわれていますが、高齢者の方や小さなお子さんの場合には、死に至るケースもありますので、注意が必要となります。

では、実際にノロウイルスに感染した場合には、どういった症状が現れてくるのでしょうか。まず、ノロウイウルスが発症するのは、口に入ってから24時間から48時間程度の潜伏期間と言われています。どういった症状が現れるかというと、最初は胃の不快感を感じる方が多くなります。そして、嘔吐などの症状が起こってきます。その後は、腹痛、下痢などの症状が現れます。しかし、人によって症状の出方は変わってきます。嘔吐だけの症状が現れる方もいますし、下痢だけの症状という場合もあります。高齢者の場合には、下痢の症状が多く見られますし、小さなお子さんの場合には、嘔吐の症状が多く見られます。また、中には37度程度の微熱を出す方もいます。一般的には、辛い症状が現れるのは1日程度。その後は、3日程度で回復していくことになります。ノロウイルスは、体の抵抗力が弱っている時に感染しやすくなりますので、普段から抵抗力が弱らない様に健康管理に気をつける必要があります。

万が一、症状が現れた場合には、嘔吐、下痢などによりたくさんの水分を出してしまうことになりますから、出来るだけ水分補給をする様に心がけ、少しでも早い回復が出来る様にしましょう。

治療法

ノロウイルスに感染した場合には、少しでも早く体が回復するようにしたいもの。しかし、現在では、ノロウイルスに有効となるワクチンなどはありません。

では、どのように治療を行えば良いのでしょうか。まずは、ノロウイルスに感染すると、嘔吐や下痢などの症状が現れてきます。こういった症状が続くと、体の中は水分が不足した状態となってしまいます。脱水症状とならないためには、出来るだけ水分補給をするようにしましょう。病院などで治療を行う場合には、点滴などにより治療を行うことになります。嘔吐がひどく、水分を摂ることが難しい場合には、病院での点滴治療を行う様にしましょう。自宅で水分補給をする際には、スポーツドリンクや生理食塩水を選ぶようにしましょう。生理食塩水の場合には、冷たいものではなく、ひと肌程度にあたためたものを取ると、より効果的に摂ることが出来ますよ。作り方は、簡単。水100ミリリットルに対し、0.9グラムの食塩を溶かすだけ。ご家族がノロウイルスに感染した場合にも、こういった知識があると助かりますよね。更に、具の入っていないお味噌汁や昆布茶、コンソメスープなどもおすすめ。塩分が含まれている飲み物は、不足してしまった電解質量なども補ってくれますよ。

また、胃をほぐしてくれるなどの効果もありますので、ご自分がノロウイルスに感染してしまった場合、ご家族が感染してしまった場合には、ぜひこの水分補給を行う様にしてくださいね。

予防方法

食中毒の中でも、感染率が高いノロウイルス。まずは、ノロウイルスに感染しない様に、日々の予防というのも大切となります。

では、ノロウイルスの予防方法をご紹介しましょう。まずは、しっかりと手を洗うことが大切。特に、赤ちゃんのおむつ交換後や、嘔吐物、排出物の処理をした後には、しっかりと洗うことが必要となります。感染してしまった方が、ご家族の中に居る場合には、タオルや石鹸などは別にするようにしましょう。また、手を洗う際には、手のひらだけでなく、指の間や指先、手の甲、手首などもしっかりと洗う様にしましょう。もちろん、嘔吐物や排出物の処理をする際には、十分注意が必要となります。小さなお子さん、高齢者がいるご家庭の場合には、出来るだけ処理はすぐに行い、触れることのない様にしましょう。処理の際には、マスク、手袋は必ず使用しましょう。出来れば、使い捨てタイプのものを選ぶ様にしましょう。トイレなどの消毒は、塩素系の漂白剤を薄め、しっかりと消毒を行いましょう。更に、調理の際にも十分注意が必要となります。ノロウイルスの場合には、主に貝類に存在しているものとなります。洗っただけでは、全て除去することは出来ませんので、十分に火を通してから食する様にしましょう。

症状が治まってくると、「もう、大丈夫だろう」と安心してしまう方もいると思いますが、ノロウイルスは排出物などから出ることになりますので、体調が良くなってもしばらくの間は注意するようにしましょう。

消毒するには

「ノロウイルス対策のために、キッチンの消毒を行いたい」と考えている方もいると思います。やはり、食中毒などを予防するには、消毒なども大切ですよね。

では、キッチンの殺菌方法について、ご紹介しましょう。まず、調理をする際には包丁やまな板を普段から使用していると思います。調理の際には、食材を切る際にもウイルスなどが繁殖してしまう可能性もありますので、調理器具などもしっかりと消毒するようにしましょう。こういった包丁やまな板の場合には、200ppmの塩素系の漂白剤を使用しましょう。この量は、1リットルあたりの水に、キャップ半分程度の量となります。この水の中に、包丁とまな板を浸して消毒を行う様にしましょう。また、キッチンにはふきんなどもありますよね。ふきんにも、雑菌などが繁殖している可能性があります。こういったふきんで、食器をふいてしまえば、知らず知らずのうちにノロウイルスが口に入ってしまう可能性もあります。ふきんの消毒は、85度以上の熱湯を使い、1分程度加熱して消毒を行っていきましょう。ボールなどに熱湯を入れて、消毒をしようと考えている方もいると思いますが、ボールの場合にはすぐに温度が下がってしまうため、85度以上の温度を保つことが出来ません。出来るだけ、加熱消毒を行うようにしましょう。万が一、嘔吐物などを吹いたふきんがある場合には、消毒などではなく、すぐに処分するようにしましょう。

このように、普段から利用する調理器具などは消毒を行い、予防をすることも大切となります。

二次感染を防ぐ

ご家族が多いご家庭、高齢者や小さなお子さんがいるご家庭では、普段から食中毒などの対策を行っているという方もいると思います。こういったご家庭では、一人の方がノロウイルスなどに感染してしまった場合には、周りの方に感染しない様に注意することも大切。では、二次感染を防ぐためには、どのような対策を行えば良いのでしょうか。まずは、ノロウイルスに感染した方の嘔吐物、排出物などの処理に注意が必要。嘔吐した場所は、塩素系の漂白剤などを使用して、消毒を行う様にしましょう。もちろん、消毒を行う際、嘔吐物などの処理をする場合には、手袋、マスクなどを使用するようにしましょう。また、処理後には綺麗に手を洗う必要があります。洗った後には、感染した方が使用しているタオルなどは使わず、新しいタオルやペーパータオルなどを使用するようにしましょう。また、感染した方が回復してきた場合にも、排出物などには注意が必要。体が回復していても、ノロウイルスがまだ体の中に残っており、排出されている可能性があります。「回復しているから大丈夫だろう」と過信してしまうと、二次感染に繋がってしまう可能性もあります。ノロウイルスに感染した方がいる場合には、症状が良くなってきても、しばらくの間はタオルを別にする、排出後には消毒をするなどを行い、二次感染が起こらないようにしましょう。

このように、二次感染を防ぐためには、看病をする方の注意が必要となりますので、こちらを参考に処理方法など気をつける様にしましょう。

潜伏期間

暑い夏には、食べ物などに気をつけているという方も多いと思います。夏場は、やはり食べ物などが痛みやすいですから、自然と注意しますよね。しかし、ノロウイルスは寒い時期に多く感染者が見られます。「寒いから、食中毒なんて大丈夫だろう」と思っていると、ノロウイルスに感染してしまう可能性がありますので、寒い時期にもしっかりと対策を行う必要があります。

ノロウイルスというと、集団感染などのニュースをよく見ますよね。嘔吐や下痢などの症状が起こると言われていますが、中には「ノロウイルスって、どのくらいの潜伏期間があるのだろう?」と疑問に思っている方もいると思います。では、ノロウイルスの潜伏期間についてご紹介しましょう。ノロウイルスは、感染してから発症が起こるまでには、通常24時間から48時間程度といわれています。もしも、「ノロウイルスかも?」と思った場合には、24時かから48時間前にどういったものを食べたか、感染した方の嘔吐物などの処理をしていないか、思い返してみると良いかもしれませんね。思い当たることがある場合には、早めに病院に行くようにしましょう。ノロウイルスに感染した場合には、通常は1日から2日程度で回復するといわれています。しかし、症状の度合いは人によっても異なりますので、甘く見ない様にしましょう。

このように、ノロウイルスの潜伏期間は意外と短いもの。「もしかしたら?」と思った場合には、2日前までの食事や行動などを思い返すことで、病院に行くべきか早めに判断出来るかもしれませんね。

流行時期

みなさんは、食中毒というとどういった時期をイメージしますか。多くの方が、夏場の暑い時期をイメージしていると思います。暑い時期には、食物も早く悪くなってしまいますから、すぐに冷蔵庫に入れたり、すぐに処分をしているという方も多いのではないでしょうか。

しかし、寒い時期には、あまりこういった注意をしていないという方も多いと思います。実は、ノロウイルスの流行時期は、寒い時期。11月から2月が、一番感染者が多くなります。年間を通すと、70パーセントの方がこの時期に感染しているといいますから、これは感染者が多いのが分かりますよね。また、食中毒の中でも、このノロウイルスの発生者が一番多くなります。寒い時期には、あまり食中毒というイメージがなく、消毒なども行っていない方が多いと思いますが、こういった時期こそ注意が必要ということになります。特に、高齢者がいるご家庭や小さなお子さんがいるご家庭では、日頃から調理器具の消毒を行う、手洗いをしっかりと行うなどして、ノロウイルスの感染に注意するようにしましょう。

このように、ノロウイルスの流行時期は意外にも寒い時期ということになります。ノロウイルスなどを含む食中毒を予防するためには、一年中注意する必要があるということになりますよね。ご家族の健康にも関わることですから、日頃から食中毒に意識する生活を送る様にしましょう。手洗いなどは、風邪予防にもつながりますから、メリットが多いはずですよ。

感染症胃腸炎

寒い時期になると、ノロウイルス感染のニュースを耳にすると思います。高齢者の施設では、集団感染などのニュースもありますよね。こういったニュースを耳にした方の中には、「ノロウイルスと感染症胃腸炎とは、どう違うのだろう?」と思っている方も多いと思います。確かに、症状は同じようなものですよね。

では、ノロウイルスと感染症胃腸炎の関係について、ご紹介しましょう。実は、ノロウイルスは感染症胃腸炎のひとつとなっています。ノロウイルスの場合には、ウイルスが病原体となっていますが、その他にも原因となる病原体は異なることになります。例えば、ウイルス性の場合には、アストロウイルスやロタウイルスなどがあります。また、細菌の場合には、サルモネラや病原性大腸菌、得るシニアなどがあります。更に、寄生虫が原因となっていることもあります。ということは、同じ感染胃腸炎でも、それぞれ原因となっている病原体、感染パターンによって、症状などが異なってくるということ。これは、あまり知られていないかもしれませんね。このように、ノロウイルスは感染症胃腸炎のひとつということ。良く耳にする、サルモネラなども同じ感染症胃腸炎ということにはなりますが、原因や感染方法が異なってきますので、現れる症状なども異なってくるということになります。

まずは、こういった病原体の感染をしないために、日頃から手洗い、消毒などの注意することが大切となりそうですね。

 

ノロウイルスの予防と対策TOP

普段から、健康に気を使っているという方も多くいると思います。風邪予防のために、外出後には、手洗いやうがいを行ったり、マスクを着用しているという方もいるでしょう。やはり、こういった予防というのは大切ですよね。

しかし、ノロウイルスなどの場合には、どういった対策を行ったら良いか分からないという方も、多いのではないでしょうか。最近では、ニュースなどでノロウイルスに感染した高齢者の方が、亡くなったと話も良く聞きますよね。ノロウイルスは、こうした高齢者の方や、小さなお子さんの場合には、死に至るケースもありますので、出来るだけしっかりと予防を行う様にしましょう。もともと免疫力が低いので特に気をつける必要があります。

食中毒というと、梅雨時期などのジメジメした時期をイメージする方も多いと思いますが、意外にも冬場の寒い時期にも、多くなります。ノロウイルスは、その食中毒の9割を占めているといわれており、ノロウイルスに感染した場合には、嘔吐や下痢などの症状が起こることになります。これは、胃腸が炎症してしまうため。嘔吐した場合には、ご家族が処理をすることになると思いますが、この嘔吐物や排出物からも、ノロウイルスは感染してしまいます。そのため、ノロウイルスにかかっていない、看病している方も、十分に注意が必要となっています。ノロウイルスの集団感染の多くは12月から2月までの期間。この期間は、特に注意をした方が良いでしょう。「お腹の調子が悪い」「吐き気が治まらない」という方は、ほおっておかずに、早めに病院に行くようにしましょう。

ノロウイルスは、感染力が強いウィルスとなりますので、感染してしまえば、他の方にも迷惑をかけてしまうことになります。学校に通っている方、施設に入居されている方、また、お仕事などで多くの方と接する方などは、日頃からノロウイルスに感染しない様に予防、対策を行っていきましょう。

「ノロウィルスの予防と対策」30項目

ノロウィルスの予防をしよう

  • ノロウィルスとは
  • どの様にうつるか
  • 症状
  • 治療法
  • 予防方法
  • 消毒するには
  • 二次感染を防ぐ
  • 潜伏期間
  • 流行時期
  • 感染症胃腸炎

ノロウィルス対策

  • 手洗い
  • 清掃
  • 汚物
  • 健康管理

子供の場合

  • 症状
  • 嘔吐
  • 食事

ノロウィルスとの関係

  • 赤ちゃん
  • オムツ
  • 検査
  • 水分
  • 牡蠣
  • 吐物処理
  • そうじ
  • 洗濯

ノロウィルス対策グッズ

  • 除菌グッズ
  • 漂白剤
  • 薬用せっけん
  • マスク
  • その他
住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行のMR.自動車ローン

低金利のネットバンク。もちろん全国OK

メシオプレス03
メシオプレス03
レスポンシブWEBデザインやめました。

アドセンス&スマホに完全対応したWordPressテンプレートです。01の進化版です。

メシオプレス01
メシオプレス01
衝撃のデビュー作

アフィリエイトブログ用のWordPressテンプレートです。シンプルで使いやすさ抜群。