no
Pocket

子供の教育資金を保険で準備する方法は、学資保険・こども保険が定番となっていますが、最近は低解約返戻金型死亡保険を活用する方も増えてきています。

まず学資保険・子供保険を活用するメリットは、資金の目的が明確になる、契約者となる親に万が一のことが起きた場合、その後の保険料が免除された上で教育費が確保できる、一般的な金融商品と比較して戻り率が高い、などが挙げられます。

ここで注意したいのが、学資保険・こども保険には貯蓄重視型と保険重視型の2種類が存在することで、目的に合わせた選択が重要になる点です。

貯蓄重視型は、払込保険料に対する満期金額を大きくした商品で、万が一の保障よりも教育資金の準備に特化したものです。
一方、保障重視型は親の死亡時や高度障害時の保障が厚く、代わりに貯蓄性が低い商品となっています。
この2つの学資保険ですが、どのような目的で保険に加入するかによって、選ぶべき商品が異なります。

例えば、親の保障は生命保険や医療保険で十分賄得るといった場合は、貯蓄重視型の方が得られるメリットが大きいですし、教育資金の貯蓄と親の保障を一商品でまとめたいという場合は、保障重視型という選択肢もあります。

但し、最近は予定利率が低いため、どちらを選択するにしても貯蓄としてのメリットが薄まってきているのは否めません。
特に、育英年金付きのタイプを選択した場合、受取総額が支払い総額を下回るケースも見受けられますので、保険商品を選択する場合は戻り率を確認し、より有利となるものを選択するようにしましょう。

また、この学資保険の戻り率の低下を受けて、近年活用されるケースが増えてきたのが、貯蓄性の高い死亡保険、低解約返戻金型死亡保険です。低解約返戻金型死亡保険には、保険料払込期間中の解約払戻金が7割程度に設定されている分、保険料が割安という特徴があります。

しかし、保険料の払込が完了後の解約返戻金は高くなるため、お子さんの教育資金が必要となるタイミングに合わせて支払い終了時期を設定することで、効率良く教育費を貯蓄できるというメリットがあります。
教育資金が必要となるタイミングに秦鋳込み満了期を併せ、その時点で死亡保険を解約し、解約返戻金を受け取るという訳ですね。

但し、低解約返戻金型死亡保険で教育費を備える場合、保険料払込期間中に解約を行うと、払込総額よりも返戻金の方が少なくなるというリスクがある点は、重々認識しておきましょう。

Mr.自動車ローン テキストリンク
Mr.自動車ローン テキストリンク