no
Pocket

メーター改ざん

中古車を売買する上で、値段を決める要素は幾つかありますが、その中でも大きな要素のひとつが、車の総走行距離です。総走行距離は、その車がどのくらい使われてきたかという事をズバリ表す数字ですので、「このくらい走っているならゴムを使ってる部分はへたってるな」だとか、「これだけ走ってれば、もう駆動系も痛んでるかもしれない」といった事を予想できる訳です。そんな感じで車の基本性能に直結する部分をある程度見積もれるので、車の価値を決めるのに役立っていますが、この走行距離は少なければ少ないほど車が痛んでいない、つまり車にまだ価値が残っているという事になります。その事を悪用したのが、走行距離メーターの改ざんです。

殆どの車には、走行距離メーターが二つ以上ついていると思いますが、そのうち表示桁数が多いほうが総走行距離メーターです。このメーターには、数値リセットボタンなどの、外側から数値をいじれるものはついておらず、一旦車が完成してから廃車になって解体されるまでの走行距離がわかるからこそ、車の価値が決められるのですが、そこをあえて弄って走行距離を少なく見せかける悪徳業者が居ます。もちろん、査定のプロがちゃんと隅々まで見れば、普段絶対触らないところを触っているので分かってしまいます。

一般的に、走行距離による査定のヤマは、3万kmと5万kmにあると言われていますので、例えば3万1kmなんて距離だったら惜しいと思う所ですが、そこは売買の大原則の誠実に対応するという部分に抵触しますので、行わない事が賢明です。

事故歴の隠蔽

過去に事故歴のある車は、その事故の程度にもよりますが査定が低くなります。もちろん、ちょっとこすった程度の傷であれば、どんな修理業者も簡単に直せますし、素人では手を入れたのかどうかさえ分からない状態に仕上がりますので、車の価格に大きな差は出ませんが、問題になるのは、車の基本性能に支障が出るほどの大きな事故、故障があった場合です。

ここで言う車の基本性能とは、ハンドルを切ったら、切った分だけタイヤが曲がり、アクセルを踏んだら踏んだ分だけ加速し、逆にブレーキを踏んだら、踏んだ分だけ減速する、という事です。そもそも車は、そう動くようにしか作られていませんが、これが何かの理由で部品が変形したり、曲がったりすると、それ以下の動きしか出来なくなるだけでなく、場合によっては思いもしない動作をしてしまう事もあるのです。

例えば、ハンドルを切るときに、明らかに左右で曲がり具合が違ったらどうでしょうか。右へ90度曲がるときはハンドル半回転で済むのに、左へ90度曲がるときはハンドル2回転でようやく曲がるようでは、非常に運転が混乱します。また、アクセルを踏んで発進したはいいけども、ブレーキを踏んでも止まらないのは誰が考えても危険です。ここまで極端な事はまずないと思いますが、事故歴のある車は「まともに動かない可能性のある車だった」と見られている訳です。車を買う側としては、当然そのリスクを抱えるのですから、その分価格に反映させて当然なのですが、これもまた、上手く隠蔽すれば素人目には分からない為、悪質な販売者はごまかしを行うのです。

犯罪との係り

車を売るのであれば、できれば高く売りたい、というのは自然な気持ちですが、いくら高額で買ってくれるといっても絶対に売り渡してはいけない場合があります。それは、売られたその車が、何らかの犯罪に使われる事が分かっているときです。仮に、犯罪者が律儀に名義変更したとしても、その車を供給した元の持ち主として痛くもない腹を探られる事になってしまいます。そもそも最初から犯罪に車を使うつもりなら、そんな事をせずに車を使った方が、警察の目はまずは車の持ち主へと向けられるでしょうから、当然非常に厄介な事態を招きます。ですから、絶対にこうした不正な手段に使われる事のないように、車を売る相手は慎重に見極める必要があります。

どうしてもそういった事への係りを避けたい、という方であれば、チェーン店展開をしているような大手の買取業者に絞って査定をしてもらうといった自衛手段をとる必要があります。そのような一般的に認知度の高い業者なら、少なくとも不正な手段へ車を流用する可能性がとても低いからです。

一方で全国的な知名度が無いながらも、有名な業者よりも高い価格で車を買取ってくれるところは十分にありますから、そうしたところを利用したい、という方もいると思います。その場合は、ネットだけに限らずその業者の情報をきちんと調べてから利用すべきです。一見どんなに良い条件で車を買ってくれるようでも、操業開始して1年未満といったような極々新規の業者は十分に警戒する必要があります。

住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行のMR.自動車ローン

低金利のネットバンク。もちろん全国OK