no

車買取査定のタイミング

車を売る理由は皆さんそれぞれに違うと思いますが、車を売る為に価格を調べる査定はいつして貰うのがベストなのでしょうか。答えは割と簡単で、あなたが一番車を有利に売れる時に査定して、買取ってもらうのが理想の形です。有利という点は様々な要素が含まれますが、車の買取価格の他に、時期というものが大きな割合を占めます。例えば、新しい車を、減税措置や大幅値引きなどでお得に手に入れられるチャンスが来たときなどは、同時に手持ちの古い車を手放す良い機会ともなるのです。

逆に、例えば中古車の買取の査定をしてくれるサイトなどで常に価格をチェックしておいて、下取りなどを利用して、いつか新しい車を買うときの足しにしよう、というのはあまりお勧めできません。確かに車の種類によっては買取価格が下がり難いものもあるのですが、基本的に新車から年数が経つほど価格は下がり続けるものですから、そういう投機的な考え方は通用しないと思っても差し支えありません。例外として、たまたま手に入れた車がプレミアが付くほどの特殊な車であれば別ですが、そうでなければ、車は売る時期が遅ければ遅いほど価値が無くなっていきます。

ですから、車を売ろうと決めたときに出来るだけタイムラグがない様に査定してもらって、買取ってもらうのが、一番お得な方法なのです。もちろん、売りを急ぐあまり一つの買取業者で査定後即売却してしまうのは流石に極端で考えものですが、インターネットなどのツールを上手に利用して、条件の良い買い手をスムーズに探してみましょう。

オンライン査定と直接査定の違い

手持ちの車を売ろうとする時には、必ず車の買取業者が査定をした上で価格を決めるのですが、その査定の仕方には大きく分けてオンライン査定と直接査定の2種類があります。

オンライン査定は、その名の通り、ネットを利用した査定方法です。中古車を扱っている業者が、自社のホームページ上で行っている場合もありますし、幾つかの買取業者と提携して査定を行っているウェブサイトもあります。査定の仕組みや提携状況などはそれぞれですが、共通しているのは、サイト上にある査定に必要な情報を入力するフォームを記入して送信すると、メールなどで査定の結果が分かるようになっている点です。この方法のメリットは、自分の好きな時間に査定を申し込む事ができる事です。また、複数の買取業者と提携しているサイトの場合、1回の入力でその車を買取可能な提携業者全てに情報が送られるので、査定額の比較がしやすいという面もあります。デメリットとしては、サイトによって入力フォームの形式がまちまちなので、例えばあまりに入力項目が少ない所に申し込んでしまうと、相応に幅のある査定額を出されて参考にならないという可能性があります。

一方で、買取業者の店舗などへ直接車を持ち込んで査定してもらう場合、それなりに時間はかかりますが、あなたの車という現物に対してのより詳しい評価が出来るので、その業者なりの正確な価格が分かるという利点があります。ただし、複数の買取業者の査定を比較したい場合には、それだけ移動時間と査定の時間が必要になるのは覚悟が必要です。

同じ車なのに買取価格が違う理由

仮に何件かの買取業者を回って、車を直接査定してもらったとしましょう。移動中に事故や故障がない限りは、全く同じ車を見ているわけですから、車の価値が変わるはずも無いのに、場合によっては10万円単位で査定額が違う事があります。
こうした査定額の違いは、ひとえにその買取業者がどんなタイプの車の取引を得意としているか、という部分にあります。車の排気量で言ったら、普通車が得意な業者、軽自動車が得意な業者、大型車が得意な業者と別れますし、同じ普通車でも平均的なグレードのファミリーカーを良くとり扱っている所もあれば、ややグレードの高い高級車をメインにしている所もあります。もしかしたら、その業者は外国車を専門にしているので、国産車は、割とどんな車も似たような価格付けをしているかもしれません。その逆も然りで、あなたは外国車を売りたいと思っているのに、相手は国産車しか取り扱った事のないところという可能性もあります。
この様に、各業者毎の事情や理由は様々ですが、一つだけ言えるのは、どの買取業者も得意な商品であれば、きちんと適正価格をつけるという点です。ですから、実際に持ち込んで直接査定をする前に、ある程度の情報から買い取り価格の見積もりを出してもらい、価格の幅が少なければ、よりその車の相場についての事情に詳しい業者と考えても差し支えないでしょう。その車の相場をよく知っている分、場合によっては、不人気車種だからという理由で安い価格を告げられてしまう事もありますが、価格の違いの理由もきちんと説明できるという点は信頼しても良いと思います。

買取価格だけじゃない業者選び

買取業者によって扱う車の得意不得意があり、それが実際の買取価格の差になって出てきます。特定の車種について、相場の実情を知っているからこそ適正価格をつけてくれるのは間違いありませんが、それが他の業者の査定より低い価格になってしまう可能性もありますので、価格だけで選ぶのならどちらにしろ複数の買取業者に査定をしてもらって、比較検討する必要があります。しかし、買取業者の中には価格以外のサービスで差をつけているところもありますので、その点もしっかりと確認して本当にお得なところと取引をするようにしたいものです。

例えば、ある業者で、今持っている車を下取りに出して新しい車に買い替えたとします。その車が1年もしない内に故障してしまったとしたらどうでしょうか。また、故障しないまでももしかすると思ったほど乗り心地が良くなくて、前の車の方が扱い易かったと感じてしまう事もあるかもしれません。そんな時に、故障への保証対応をしてくれたり、更には返品交換などもしてもらえたら、車に掛ける費用はぐっと抑えられます。もしかしたら、その買取業者の下取り査定は、多少低く、販売金額は少々高いかもしれません。一方で、万が一、買って間もないのに修理に出したり、更に乗換えをすると当然数万円から数十万円の出費になる事は確実です。そう考えた時、価格以外の付帯サービスがあなたにとってどれくらい価値があるのかをきちんと見極めて、一番満足と納得のいく商品を提供してくれる業者を選びましょう。

こんな買取業者は避けましょう

買取価格はなるべく高く、販売価格はなるべく低く、そして出来ればそれ以外のサービスも充実した買取業者と取引するのが理想ですが、現実は全てに満足のいく業者はなかなかないものです。ですから、何件か比較した上で、一番条件の良いところに決めるのが賢い選択ですが、一方で、一見条件の良さそうに見える部分があったとしても、最終的に大してお得にならなかったり、場合によっては被害を受けてしまう悪徳業者もゼロとは言えませんので、そんな業者に引っかからないように十分注意して、よくよく検討すべきです。

時たま見かけるのは、余所との査定の掛け持ちを嫌がる業者があります。例えば、相場より高い値段で買い取ると言いながらも、余所の業者に査定を頼むのならば自分のところの査定額は教えない、とする業者です。もしかしたら本当に相場より高めの価格を付けるのかも知れませんが、売る側としてはその業者以外には買取って貰えない訳ですから、契約後は業者の主導で処理を決められてしまいます。悪どい業者であれば、「あなたの車をちょっと詳しく見てみたら色々と不具合が見つかったので査定を落としました。」などと後付けで理由を付けられて、結局買い叩かれてしまう可能性もあります。

更に悪質なのになると、査定をすると称して数日預かるように仕向けて、その間に抹消登録や解体を進めてしまい、処理費用を請求するような所もあります。

ですから、実際に持ち込み査定をする場合でも、とりあえず車検証などの情報だけからでも、だいたいこの位になります、と即座に教えてくれないところは敬遠すべきです。

住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行のMR.自動車ローン

低金利のネットバンク。もちろん全国OK

メシオプレス03
メシオプレス03
レスポンシブWEBデザインやめました。

アドセンス&スマホに完全対応したWordPressテンプレートです。01の進化版です。

メシオプレス01
メシオプレス01
衝撃のデビュー作

アフィリエイトブログ用のWordPressテンプレートです。シンプルで使いやすさ抜群。