no

走行距離

中古車の見積もりが高くなるポイントの一つには走行距離があります。正確に言えば、高くなるポイントというよりも、マイナスにならないポイントということになります。

走行距離は多くなればなるほど見積もり額が低くなっていきます。乗れば乗るほど車の消耗も激しくなっていくのだから当然です。特に走行距離10万kmを超えてしまうと、極端に見積もり額が下落してしまいます。では少なければ少ないほど見積もりが高くなるのか、というと実はそうではありません。たとえば5年経過した車で走行距離4万kmと5,000kmの車では、見積もり額はほとんど変わらない、場合によっては4万kmのほうが見積もりが高くなることもあるのです。車はあまり距離をのらないとエンジンやバッテリーの調子が悪くなったりします。そのため年式の割に極端に走行距離が少ない車はあまり見積もりが高くならないのです。

中古車の走行距離は、年式相当の走行距離であればマイナスになることは少なく、一番見積もりが高くなるのです。一般的に、年間1万km程度の走行距離であれば、走行距離でマイナス査定になることはないでしょう。年間1万kmというと、月に換算すれば800km、1日あたりでは25~30km程度の走行です。もちろん、中古車を売るときのために走行距離を調整するというのも本末転倒ですが、毎日通勤で片道20km以上の距離を走っているような人は、買い取り見積もりの際には走行距離でマイナスされてしまうのは覚悟しておかなければいけないでしょう。

年式

中古車買取査定の見積もりで重要なポイントが年式です。当然年式が新しければ新しいほど見積もり額は高くなります。たとえ同じ車種、同じグレードだったとしても、年式が新しいものほど高く買い取ってもらえるのです。もちろん、例外として、ニューモデルよりも古いモデルの方が人気があるという場合もありますが、それ以外は確実に年式で差が出てきます。特に新車購入してから10年を経過すると中古車市場でも高く売れなくなってきますから買い取りの額も大幅に低くなります。また、最近ではエコカー減税により、1回目の車検時に減税の対象になる車もありますから、1回目の車検が終わった車も見積もり額は低くなる傾向にあります。

もちろん、だからといって中古車を売る時に年式を新しくできるわけでもありません。「じゃあ、どうすることもできないじゃん」と思うかも知れません。年式を少しでも新しく見せる方法としては、新車購入時を年の初めに登録することです。たとえば1月に購入した車と12月に購入した車では、月でいえば11ヶ月も違うのですが、年式は同じです。そのため、売る時にはそれほど大きな差がなくなるのです。また、売る時期も年をまたいでしまうと1年古くなるイメージになります。たとえば平成20年式の車があった場合、平成24年12月に売れば4年落ちですが、年をまたぎ平成25年1月に売れば5年落ちに見られてしまいます。だからといってとしの早いうちに売るつもりの車を年末まで粘っても査定額が低くなるだけです。もしも年末に交渉している人はできるだけ年内に契約するのがベストです。

人気車種

車を購入する時、人それぞれ好みは違います。人気の高い車が好きだという人もいれば、あまり他の人が乗らないような車に乗りたいと思う人もいるでしょう。それは個人の自由ですから別にかまわないのですが、実は人気車種を購入するのと不人気車種を購入するのとでは、中古車を売る時に大きく変わってくるのです。当然ですが人気車種のほうが見積もりが高くなります。

中古車買取業者もできるだけ人気車種を買い取りしたいのです。人気車種ということは多少高くても買い手がつきやすく、在庫として抱える経費も節約できます。逆に不人気車種だと、なかなか売れないリスクを負うことになります。車は日を追うごとに価値が下がっていきますから、「そのうち売れるだろう」という発想は当てはまらないのです。売れなければ、どんどん古くなっていきますます売れなくなります。そのため、価格を下げざるを得ないのです。それでも売れるかどうかわかりません。また、長く保管していればその分維持費がかかりますのでマイナスなことばかりです。そのため、もし不人気車種の持ち主と買取交渉をしても、なかなか見積もり額をアップしてくれないのです。無理をして購入しても損をするだけですから。

ただ、人気車種の場合はディーラーまたは中古車店もそれをわかっているので値引き幅は大きくありません。不人気車種のほうが値引きしてくれます。買う時に値引き幅が少なく売る時に高く買い取ってくれる人気車種がいいのか、売る時は安いが買う時に値引きしてもらえる不人気車種がいいのか、やはり意見の分かれるところでしょう。乗り潰しをするつもりなら不人気車種でもいいかも知れませんね。

ワンオーナーカー

中古車買取査定の見積もりが高くなるポイントは、基本的には中古車として再販した際に買い手がつきやすい車です。中古車を買う時に一番気になるのが、前のオーナーがどんな人だったのかというところでしょう。車を大切に乗っていた人と、全く整備もせずに乗っていた人では、エンジンなど車の状態に違いが出てきてしまうものです。そのため、できるだけ前オーナーの情報は知っておきたいものです。前オーナーの情報を知るには、その中古車を販売する業者に聞くとある程度分かるものです。ですが、前オーナーの情報はわかっても、さらにその前のオーナーとなると、なかなか情報はわからないものなのです。

たとえ同じ車でも、オーナーの数が多くなればなるほど、どんなオーナーが乗っていたかわからなくなります。そのため、新車購入して、その人しか乗っていない車、すなわちワンオーナーカーだと中古車買取査定の見積もりが高くなる傾向にあります。もしも自分の車が中古車店から購入した中古車であるならば、同じ条件のワンオーナーカーよりも見積もり額が低くなってしまう可能性が高いです。中古車を売る際には、そういった自分の車の状態も知った上で交渉にしなければいけません。もしもワンオーナーカーでなければ、たとえ自分が車を大切に扱っていたとしてもアピール度は低くなります。もちろん、扱いが悪いよりはいいですが、それほど高い見積もり額がつきません。逆にワンオーナーカーならば、自分の乗り方次第で高く買い取ってもらえる可能性が高いのです。

禁煙車

車の乗り方は人それぞれで、土足厳禁で乗る人もいれば、ゴミだらけにしている人もいます。そしてなかには社内禁煙の人もいますし、平気でたばこを吸う人もいるでしょう。昔はたばこを吸う人が多かったのですが、最近では健康被害の面からたばこをやめる人が増えてきています。社会的にも、禁煙の風潮が高まっており、電車や会社内などでも禁煙の場所が増えてきています。それは車も同じです。自分の車では自分だけでなく同乗者も禁煙としている人も増えてきています。

もちろん、車を新車で購入すれば、100%車内ではタバコを吸ってはいません。ですが中古車となると話は別です。どんな人が乗っていたのかわかりませんから、前オーナーがたばこを吸っていたかもしれません。たばこを吸う人はあまりわからないかも知れませんが、たばこを吸わない人はたばこの臭いはすぐに気がついてしまうのです。そして、その臭いはなかなかとれないものなのです。

そのため、中古車を購入する人によっては禁煙車をこのんで購入する人が増えています。たとえ車の状態が同じで多少金額が高くても、禁煙車のほうを購入したいものなのです。そのため見積もりの際にも禁煙車だと高く買い取ってくれる可能性があるのです。ただ、それが見積もりの際に「禁煙車です」といったところであまり効果はありません。吸ったかどうかなんて実際にはよくわからないものですから。ただ、最近では車内の灰皿はオプションとなっている車が多いです。そのため、もしたばこを吸わない人ならば灰皿は設置していないでしょう。新車購入の際に、たばこを吸わない人は灰皿はつけないほうがいいでしょう。

事故・傷がない

中古車買取査定の見積もりの際に、その見積もり額が高くなるポイントとしては、事故をしたことがない、ボディーに傷がないということです。当然、中古車を買う人にとって傷やへこみ、事故歴がある車は購入したくないものです。特に日本では車は綺麗に乗るものという意識があります。また、事故歴がある車はたとえ修理をしていても、どこかに不具合があるのでは?と思い、購入するのをためらってしまいます。そのため見積もり額も低くなってしまいます。そのため、逆に事故歴がなく、傷やへこみもない状態の車は見積もり額が高くなる傾向があります。

とはいっても、何年もその車に乗っている場合、細かな傷はどうしてもついてしまうものです。また、洗車の際にでも洗車キズがついてしまうこともあります。もちろん、そういったキズも一切なくピカピカの状態の中古車で他にも不具合がなければ見積もり額が高くなることでしょう。ただ、何もしなければ砂ぼこりや飛び石などで傷はついてしまうものです。そうならないためには、つねにワックスやガラスコーティングなどで車を保護しておくことが大切でしょう。そうすれば、多少の傷は防ぐことができます。

ただ、実際にはよく見ないとわからないような細かい傷、年式相当の傷であるならばプラス査定にはならなくても、マイナス査定になることはないかもしれません。またちょっとしたキズならワックスを塗るだけでも目立たせなくすることも可能です。そういった準備も中古車を見積もりしてもらう時には必要です。

純正のまま

自分の車は、自分の乗りたいようにアレンジして乗って構いません。そのため車の部品を売っている業者にはさまざまなパーツが販売されています。もちろん、どんなアレンジをしてもいい、といっても車検が通らないような改造は違法ですから、やってはいけません。ですが、現実的には、違法改造をして乗っている車もたくさんあります。そして車検の際には車検が通る状態にまでまた直して乗っているのです。多くの人は、車検が通る範囲内で車高を下げたり、パーツをとりつけたり、取り換えたりして乗っているようです。

実は、改造をして乗っている人の多くは、自分なりにアレンジしたいもので、最初からアレンジされたものに乗りたいのではありません。そのため、まずはノーマルな状態から改造していきたいのです。そのため中古車を購入する時には既に改造された車よりも、ノーマルな状態の車のほうが人気があります。ということは、中古車を売る際の見積もりも純正のままのほうが査定額が高くなるのです。ですが、若い人は特に純正のままじゃもの足りないのですから、やはり改造してしまうでしょう。その時にはたとえパーツを交換しても、取り外した純正パーツはしっかり保管しておくといいでしょう。そして、いざ車を売るという場合には純正に戻して、純正のまま中古車買取査定の見積もりをとってもらいましょう。ネットなどで簡易な情報で見積もりをとってもらう場合には、純性であるという前提で査定されますから、純正にしておけば実際の査定と大幅に違うということは少ないでしょう。