no
Pocket

「マツダがミニバン撤退」という衝撃的な見出しが躍った。これは日本経済新聞が29日に報じたもの。記事はマツダは「プレマシー」「ビアンテ」「MPV」の3モデルについて次期モデルの開発は行わず、経営資源を売れ筋のSUVに振り向けると伝えている。

本件についてマツダ広報に問い合わせたところ、「マツダが発表したものではないのでお答えできない」とのこと。また今後の計画については「具体的な商品計画についてはコメントできない」との回答で、具体的な情報を得ることはできなかった。

ただ、プレマシー、ビアンテ、MPVの3モデルがミニバン市場で苦戦しているのは本当だ。たとえば2016年1月の登録台数を見ると、ミニバン市場は5万4379台(※1)で、このうちマツダの3モデル合計の登録台数は881台(※2)。市場占有率は1.6%に過ぎない。

現行モデルのデビュー時期は、プレマシーが2010年7月、ビアンテは2008年7月、MPVは2006年2月で、製品ライフサイクルで見ればプレマシーは成熟期の後半、他2モデルはすでに衰退期を迎えている。いずれにしてもこの間フルモデルチェンジを行わず、SUV系では「CX-5」と「CX-3」が登場。これら2モデルの1月の合計登録台数は5171台(※2)で、市場占有率は15.3%(※1)と市場で優位を保っている。

こうして見ると「経営資源を売れ筋のSUVに振り向ける」ということについては、すでにマツダは実行中と見ることもできる。

また、マツダは今年2月、アメリカおよびカナダ市場向けの3列シートSUV「CX-9」の生産を本社宇品第1工場で開始している。かなり大柄なSUVだが、今後日本で発売される可能性もあるかもしれない。日本市場に向けてダウンサイズした仕様の登場もあり得ない話ではない。

マツダがSUVに注力するというのは事実としてありそうだが、果たして本当にミニバン市場から完全に撤退してしまうのか。今後の動向に注目だ。

http://carview.yahoo.co.jp/news/market/20160229-10240114-carview/?mode=full

 

2016年2月下旬に「マツダがミニバンの生産・開発から撤退する」というニュースが流れた。

現時点でマツダはミニバンのプレマシーとビアンテを用意するが(MPVはすでに同社のホームページに掲載されていない)、この報道の通りなら、次期型は開発されないことになる。ミニバンから撤退する代わりに、SUVなどに力を入れるというのが報道の趣旨だ。

果たしてマツダは本当にミニバン市場から撤退するのか。

このままでは、本当にミニバンの生産を終える可能性も

この点をマツダに尋ねると「将来の商品計画については申し上げられません」という返答だった。マツダに限らずメーカーとしては当然の反応で、似たような質問をすれば、どこでも同様の結果になる。

現時点でマツダが用意するミニバンが発売されたのは、3代目の現行プレマシーが最も新しく2010年7月、ビアンテは2008年7月、先ごろホームページの掲載を終えた3代目のMPVは2006年2月であった。プレマシーも発売後6年近くを経過するから設計が古い。

しかも直近のマイナーチェンジは、プレマシーが2013年1月、ビアンテは同年5月だから、約3年間は改良されていない。3年にわたり手を加えない車種は珍しくないが、今のマツダは2012年に発売されたCX-5以降、商用車とOEM車を除くと頻繁に改良を施している。

つまり車両のすべてを「スカイアクティブ技術」で仕上げたマツダ車には手厚いが、そうではない車種は冷遇され、今ではプレマシーとビアンテを残すだけになった。

となれば、売れ行きも下がっていく。直近の1ヶ月当たりの登録台数を見ると、プレマシーが約500台、ビアンテは約250台にとどまる。他社のミニバンでは、日産の現行セレナの発売時期も2010年11月と古いが、それでも1ヶ月に4,000~5,000台は登録されていることから、プレマシーとビアンテの販売台数が少ないことはお分かりになるだろう。

マツダ車の中で見ても、Lサイズセダン&ワゴンのアテンザは売れ行きが少ない部類だが、それでも1ヶ月に850台前後は登録されている。

以上のような商品改良と販売統計を照合すれば、やはり「ミニバンはこのまま生産を終えるのではないか」という予測が成り立ってしまう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160404-00010006-autoconen-ind

住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行のMR.自動車ローン

低金利のネットバンク。もちろん全国OK